ギャラリー恵風の公式サイトです

2F 奥田 美惠子 展  光  OKUDA Mieko

 

2019年3月26日(火)~ 3月31日(日)

 okuda_mieko_dm

 

 

全ては光で出来ているをイメージに陶花器10点。皿、湯呑、日本画10点で構成。

花器は手びねり。素材の土の新たな可能性の表現を。花を活けてより輝く器の原点を見直す。

日本画は、水の扉、水変化、石、光。具象の鳥、花、石などを光をイメージした即興線を組み込みながら描いた。

墨を中心に薄い絵具により線描を重視した。絵と陶が響き合う空間にしたい。(奥田)

 

奥田 美惠子  OKUDA Mieko

1974    京都市立日吉が丘高校日本画科卒業

1977    京都精華短大染色科卒業

1979    作陶に入る

1985-88  小松 均 墨絵教室にて、小松氏より墨絵の線について学ぶ(京都、大原)

1989    アメリカモンタナ州アーチブレイファンデーション6か月間滞在作陶

2000    ハンガリーインターナショナルケチケメートスタジオ招待、作陶、展覧会

2008  世界全米陶芸会議、ピッツバーグ開催、マンチェスタークラフトマンズギルド

招待で全米陶芸会議にて、メインアーチストとしてデモンストレーション

会議期間中グリーンハウスにて奧田博土と、347人の子供、市民との生命の再生と循環をテーマにコラボレーション展

2016    台湾国立台北當代工藝設計 レクチュア-、ワ-クショップップ その他個展多数