ギャラリー恵風の公式サイトです

1F 邵 婷如 展   ”静かに花を手にする”  Ting Ju SHAO Solo Exhibition

2019年11月26日(火)~12月8日(日)※12/2(月)休廊

ting_ju_shao_DM

仏陀は一本の花を掲げ、やがて、弟子たちの一人、摩訶迦葉(まかかしょう)が微笑みました。

エックハルト トールは著書『ニューアース』の中で、花はおそらく人類の意識が進化する中で、

実用的な目的を持たないが、高く評価された最初のものの1つではなかったかとしています。

私たちは皆、花を見て魅了された経験があります。

また、神秘的な静けさの中で、雲が変化するのを見たことがあります。

心の中の雑音が止まると、私たちは瞬間の静けさの中で世界との共生を知覚するのです。

( 邵 婷如 )

 

 

邵 婷如   Ting Ju SHAO  (シャオ ティンルー)

 

1963台北生まれ。

1985から30年間以上陶芸に携わる。

アメリカ、カナダ、ハンガリー、ニュージーランド、イギリスなどの23カ国で15回の個展、103回の展覧会を開催。

ドイツの雑誌「ニュー セラミック」のアーティスト ジャーナルと、台湾の雑誌「アーティスト」の現代陶磁器のコラムを執筆。

 

2018 台湾国際陶芸ビエンナーレのキューレター

2001からIAC国際陶芸アカデミー (ユネスコのパートナー)の会員

2016 台湾セラミック ビエンナーレの展覧会のアート審査員、オーガナイザーを務める。

新北市立鶯歌陶磁博物館(諮問委員および収集審査委員)

ドイツ・ヴェスターヴァルト陶磁美術館 審査員

2013、2015クルジュ ルーマニアセラミックスビエンナーレ 審査員

2004 マック ナイト財団 ミネソタ アメリカ 審査員

 

著書:

2018  「世界を形づくる:国際陶芸作家の陶による人物表現」(18カ国45人の芸術家にインタビュー)

2011 「日本の陶芸家20人に聞く陶芸の未来」
海外の博物館や財団では33作品、台湾の美術館では10作品が所蔵される。

HP : https://www.tingjushao.com/